スタッフ紹介
可世木病院 > スタッフ紹介

理事長 可世木成明

理事長 可世木成明

「患者さんにやさしく、丁寧に」を心がけています。
患者さんの喜びの涙を見ること、そしてもらい泣きをするのが楽しみで診療しています。
平成27年度春の叙勲で旭日双光章をいただきました。皆様のおかげです。

略歴 昭和17年 名古屋市生まれ。
愛知学芸大学付属名古屋小学校、同中学校、
愛知県立旭丘高校、
名古屋大学医学部卒、同大学院修了。
名大病院産婦人科助教授、市立岡崎病院、
名古屋第一赤十字病院部長を経て
平成2年 可世木病院副院長、平成5年 同院長。
平成20年7月 理事長職に専任
所属学会等 日本産科婦人科専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本産婦人科医会名誉会員
前愛知県産婦人科医会会長
愛知県医師会監事

院長 浅井光興

院長 浅井光興

丁寧な説明、正確な診断、適切な治療をめざしています。
よくわからない事、不安な事があったら気軽にお聞き下さい。

略歴 昭和52年 名古屋大学医学部卒
名古屋大学大学院医学研究科卒、医学博士
愛知医科大学産婦人科助教授
米国ロチェスター大学に留学
国保坂下病院副院長
平成20年4月1日から可世木病院副院長
同年7月 院長に就任
所属学会等 日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医
日本医師会
日本産婦人科内視鏡学会理事

女性医師も充実しています。

お姉さん、お友達のような感覚で、優しく指導します。

副院長 石川くにみ(藤田保健衛生大学卒)

医師 石川くにみ

H22.4月より可世木病院の常勤となりました。
今までは大学病院で腫瘍を中心に患者様を診てきました。癌検診で異常を指摘されたり、不正出血等で心配な方はいつでもご相談下さい。

またこれからは不妊症や周産期も含めて、たくさんの患者様を親身なって診させていただきたいと思っています。

医師 清水麻記子 (浜松医大卒)

医師 清水麻記子

こんにちは。清水麻記子です。

いつも患者さんにはわかりやすくていねいにをモットウに診察にあたらせていただいています。学生さんの生理不順から更年期の熟女の方まで幅広く対応させていただきます。特に不妊治療には力を入れて頑張っているところです。患者さんが妊娠されご出産までお手伝いでき我が子を抱かれた瞬間の最高の笑顔に出会えることが私の宝物です。

患者さんと一緒にいつも前向きに進んでいくことが出来ればいいなと思っております。よろしくお願いいたします。