不妊症治療
可世木病院 > 不妊症治療

不妊症とは

不妊症とは、妊娠を望んでいる夫婦が、結婚後正常な夫婦生活を経ても妊娠に至らない状態を指します。
日本では一般的に2年以内に妊娠しなかった場合を、不妊症と定義しています。不妊症にはさまざまな原因が考えられるため、原因を特定する為の検査を必要に応じて行っていくことになります。

当院では血液検査(女性ホルモン、感染症、甲状腺機能検査など)、精液検査、頚管粘液の精子適合試験(huhnerテスト)、子宮卵管造影、ヒステロスコープ、超音波による卵胞計測、腹腔鏡などを行っています。

不妊症とは

不妊治療について

Ⅰ タイミング指導

基礎体温測定、尿中LH検査、超音波検査などにより排卵日を予測します。

Ⅱ 排卵誘発

排卵に問題がある場合に排卵誘発剤により排卵を誘発します。タイミング指導と併用することもあります。

Ⅲ 配偶者間人工授精(AIH)

精子の数が少ない、運動性があまり良くない、精子が正常に形成されていない、などの場合には人工授精がしばしば行われます。
人工授精とは、精子と卵子とが出会うための複雑な経路を人工的に短縮する方法で、それによって受精の機会を改善するものです精子は排卵時に細い管(カテーテル)で子宮に直接、送り込まれます。
人工授精に際しては、良好精子分離法により健康な精子だけを直前に用意し、さらに女性に排卵誘発剤を使用すれば、成功率は高くなりますが,一般的には人工授精による妊娠率は8%前後です。

人工授精
15,000
精子凍結保存料(1年間)
1本につき 10,000
精子凍結保存更新料
1本につき 10,000
凍結精子解凍料
1本につき 10,000

(単位:円)

Ⅳ 体外受精

可世木病院の診断・治療の方針はできるだけ自然にと思っています。
内視鏡を用いた診断や治療を充実させているのもそのためです。
体外受精などは以下の方々にお勧めしています。

 
  • 既に他の病院で検査治療を行っても妊娠せず来院した方。
  • 人工授精を7-8回行っても妊娠しない方。 
  • 卵管が閉塞している、腹腔鏡で子宮・卵管の癒着が特にひどい方。
  • 精子がとても少ない方。
  • 年齢的に余裕がなく、たいへん急いでいる方。対象年齢は強いご希望が有れば45歳まで行っています。

高齢は成績が良くありません。
詳しくは体外受精のページをご覧下さい。

治療方針について

できるだけ自然にと思っています。内視鏡を用いた診断や治療を充実させているのもそのためです。
正確な診断、適切な治療を心がけています。一般的な治療の流れは次の通りです。
タイミング療法→人工授精→(腹腔鏡検査)→体外受精


諸検査で異常があればそれを治療しながら、最初にタイミング療法を行います。
このとき、排卵誘発剤の併用や黄体ホルモンの補充療法なども併用します。
タイミング療法だけで妊娠できないときには次に人工授精(AIH)を行います。
それでも妊娠できないときには体外受精(IVF-ET)となりますが、原因不明不妊症の場合には腹腔鏡検査もおすすめしています。


一般的には一つの治療法は6回程度繰り返し、妊娠できなければ次の治療法にステップアップします。
この理由は、ある治療法で妊娠できた方の治療回数をまとめると、おおよそ60-70%の方が3回目までの治療で、90%の方が6回目までの治療で妊娠されるためです。
いいかえると、同じ治療法を6回をこえて繰り返しても妊娠の可能性があまりないためです。

しかし、たとえば人工授精を6回行うためにはご主人のお仕事の都合や病院の休診日などの事情などから毎月行うことはまず不可能です。このため通常1年近くかかってしまいます。
そこで、30歳代後半で年齢的に余裕の少ない方は3回毎の治療でステップアップした方が良いと思います。

不妊症の原因と治療法

おおまかにいうと次のようになります。

排卵がない 排卵誘発剤
精子が少ない (薬)→人工授精→体外受精(顕微授精)
卵管がつまっている 手術→体外受精
卵巣がはれている 腹腔鏡下手術
卵管や卵巣に癒着がある 腹腔鏡下手術→体外受精
子宮内膜に異常がある 子宮鏡下手術、ホルモン治療
子宮の形がおかしい 子宮鏡下手術
子宮筋腫がある 腹腔鏡下手術または開腹手術