当院の紹介
可世木病院 > 当院の紹介

可世木病院の基本理念

すべての女性が健やかに幸せな人生を歩めるように・・
私たちが全力でサポートします
女性の心とからだの健康を守ることが私たちの務めです。

東海地区初の生殖専門病院として、1986年に初めて体外受精に成功して以来、喜びの妊娠から感動ある出産を迎えられるまで、患者さまに寄り添う治療をしてまいりました。
また、婦人科手術における腹腔鏡下手術は1949年に導入し、豊富な経験を生かして安全な術式を提供しています。これからも、あたたかく優しい医療、そして常に前進する医療をめざして努力いたします。

当院の歴史

1946年に名誉理事長であった故可世木辰夫が中村区大船町に診療所を開業し、1955年に現在の中区栄に移転しました。
一般診療、分娩などに加えて不妊症の患者さんが集まるようになりました。この中で、人工授精、腹腔鏡(1949年開始)、体外受精(1986年成功)などの歴史が生まれました。
可世木辰夫の日夜分かたぬ努力が実ったものです。

体外受精に関しては米国ミルウォーキーのポール・カタヤマ先生の指導を受けました。
その後現理事長可世木成明、元副院長可世木博が参加して、大きく発展してきました。
この間、故田中哲朗副院長、故可世木公美子副院長の献身的な努力も忘れられません。

平成20年7月1日から院長に浅井光興が就任し、一段と臨床が充実しています。日本医科大学教授可世木久幸(理事長の弟)も顧問として指導にあたっています。歴代の婦長さん、体外受精などに携わる技師さんたちの貢献も大きいと思います。
みんなで力を合わせて発展してきた可世木病院、これからもよろしくお願いします。

可世木 故名誉理事長

可世木辰夫
故名誉理事長(平成21年6月7日没)